伝道師のツーレポ

バイク乗りです。ツーリング行ったら、ツーレポを書いていきます。本年もよろしくお願いします

2020年伊豆ツー

 


2020年も、年を開け

 

 

めでたく年を1つ費やした日の次の日、伊豆に行こうと決めていた

 


今回も毎度お馴染み、ちうさんこと、おちうさんと行ってまいりました

 


それでは、書いていきます

 

 

集合場所のコンビニは、素敵になる期待を拭いきれぬ、素晴らしい快晴

 


f:id:zekkei-d:20200215191640j:image

 

 

今回の伊豆に行く目的は、河津桜🌸

 

 

は、表の理由

 


その裏には、当然ながら、ある計画が進行は、しています

 

 

もちろん、それは、ここでは明かしませんが、国道135は、まさに、あおつらえ向き

 

 

常に、色んな思考を張り巡らしながら、ツーリングは、進行して行くもの

 


今回は国道1号線沿いで、待ち合わせ

 

 

ここから、旅は始まります

 


道中、素敵なカブ主達と走り

 

 

f:id:zekkei-d:20200213063801j:image

 


途中135に入り、しばらくすると、左手に見える有料道路の下に書いてある漁港の駅の文字

 


確か前は、そんなもんなかったような?

 


それとも、見てなかっただけなのか?

 


前を走るカブ主達は、仲良くそこに曲がって行く

 

 

少し気になりつつも、旅路を進むが、右手に見える、みかんの無人販売🍊

 


発見するや、慌てて、止まる

 


みかんの販売は、あったら買おうと決めていた

 

 

旅先で、何かをゲットすると、やはりテンションは、上がるもの

 

 


みかんをゲットし、再び、135を南下して行く

 

 

何回来ても、135は、素敵な道だなと思いつつ、やはり、そのシーサイドラインは、走る人たちの心を魅了する

 


f:id:zekkei-d:20200213063908j:image

 


左手にひたすら海を眺めながら、楽しい道は続いて行く

 


f:id:zekkei-d:20200213063937j:image

 

 たまには、後ろも撮りながら笑

 

f:id:zekkei-d:20200213064203j:image

 


そして、休憩ポイントの伊東マリンタウンに到着

 

 

今回は、前回マサさんと来た時に、行けなかった、ばんばん食堂に行く事に

 


店に着くと、定員さんが、『テーブルと座敷とありますが、どちらになされますか?』

 

 

ここで、迷う事なく、座敷をチョイス

 

 

ブーツを履いたりするバイク乗りだとめんどくさそうな気もするが、何故選んだのかと言うと、それは、バイクが見えるから

 


f:id:zekkei-d:20200215192222j:image

 

 

恵まれた天候に感謝しつつ、今回頼んだのは、海鮮丼(大盛)

 


そして、頼んで、時間にして、5分もかからないぐらいかな?

 

 

すぐに出て来る料理Σ( ̄Д ̄ )

 

 

f:id:zekkei-d:20200215200339j:image

 


早い😳

 


早速、海鮮丼を頂くんですがね……

 

 

ハンパなく美味い。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。

 

 

やっぱり、味が違い過ぎる

 


あっという間に、その綺麗に盛り付けられた器を平らげる

 

 

ここから、河津桜のある河津を目指す事に


 

軽快に走っていると、左手に見える桜の木

 

 

f:id:zekkei-d:20200213064649j:image

 

 

 

河津は、近づいている

 

 

 

後ろの方は、華麗にコーナーを駆け抜けていた

 

 

 

f:id:zekkei-d:20200213064831j:image

 

 

 

ふと、メーターを見ると、ガソリンが残り少なかったので、ガソリンを給油し、出発して、少し走り、無事到着

 

 

 

前回来た時、結構歩いたのを覚えていたので

 

 

今回は、少し先の方に行ってみた

 

 

 

桜は、ベストのタイミングだった

 

 

 

f:id:zekkei-d:20200215203314j:image

 

f:id:zekkei-d:20200215203328j:image

 

f:id:zekkei-d:20200215203344j:image

 

 

 

正直、歩いて探索すると、帰りが遅くなるのは、わかっていたので、早めに切り上げ、次に向かう事に

 

 

 

 

次に向かったのは、細野高原

 

 

 

 

BikeJIN絶景道なんかにも、度々登場します

 

 

 f:id:zekkei-d:20200215204032j:image

 

 

 

伊豆は、度々来てますが、ここはまだ、行った事はなかった

 

 

 

 

なので、いい機会だし、行ってみること

 

 

 

 

135号線から入り、少し狭い、住宅街を進んでいたんですよ

 

 

 

 

そうするとね、前を走る車がいて、慣れた感じだったので、ついて行っていたんですよ

 

 

 

ただね、ついて行くと、道は徐々に、荒れて行き、前の車は、突如、左に曲がって行く

 

 

 

今まで、出ていた細野高原を示す看板

 

 

それが、左に曲がる道にはなかった

 

 

 

ちょっと気になったので、ナビで調べると、車が行った道でも行けるみたいだが、一応最短距離をチョイス

 

 

まっすぐ進むと、キャンプ場みたいな所を通り、少し走ると

 

 

 

 

高原が見えてくる

 

 

 

 

その先にたまっていたバイク乗りの集団の前を通るのは気が引けたので、手前の駐車場に止め

 

 

 

 

軽く散歩してみるんですが

 

 

 

 

 

なんか違う…

 

 

 

 

 

俺が、想像していたものとは違う景色

 

 

 

 

絶景道に載るほどの場所のはずなのに、何かが足りない……

 

 

 

 

その答えは、きっとあのバイク乗り達がたまっている先にあると、先へと進むことに

 

 

 

少し進むと現れる、分かれ道

 

 

 

戸惑いつつも、楽しい迷い

 

 

 

いつも通りの勘で走るも再びの分かれ道

 

 

しかも今回は3つ

 

 

なんだこの来るものを試すような分かれ道は

 

 

 

だが、嫌いではない

 

 

 

むしろ、それぞれの道が、どこに続くのかと考えただけで、気持ちが昂ってくる

 

 

 

しばらく、進むと視界は開け、眼下には、海が広がっている

 

 

 

だが、まだ足りない

 

 

 

ただ、遠くに見える駐車場から、かなり登って来たことは、理解出来た

 

 

 

先がわからないことに対するワクワク感

 

 

さらに、進むといよいよなくなる舗装路

 

 

 

恐怖なんてものは、まるで感じないし、ただただ、未舗装であるが故の冒険している気持ちになれた

 

 

 

そして、進んだ先から見えた景色

 

 

 

絶景道は、きっと、ここなんじゃないかな

 

 

 

 

f:id:zekkei-d:20200215204713j:image

 

 

 

そんな細野高原を楽しみ、帰路に就く事に

 

 

 

 

帰りは、混んでいたこともあり、裏道を駆使し、同行者を楽しませる配慮も、もちろん欠かさない

 

 

 

そんな行きと所々ルートを変えて、走っていると、眼前に見える満月

 

 

それが見たいがために、この日走ったのではないし、完全なる偶然

 

 

 

それは、きっと、免許を取って、成長して行く、1人のライダーを見守るかの如く、日が落ち、暗くなった道を不安に思わないように明るく照らしていたようにも感じた

 

 

そして、そのライダーは、まさにツーリング当日、誕生日

 

 

バイクというもの知り合えなければ、きっと月夜に海を見ながら走るなんてことはなかったはず

 

 

よくツーリングなんかに行くと、なんとも言いようのない不思議な幸運を感じることがありますが、結局それは、あまりガチガチにならず自然体で楽しむ気持ちがあるから、そこに気付けるのかもしれません

 

 

バイクは、五感で楽しむもの

 

 

このツーレポを見た方が、少しでもバイクに興味を持って頂ければ、書き手としては、ありがたいこと

 

 

 いつも、参加者がいる時は、楽しませる気持ちを頭の片隅に置いています

 

 

それは、貴重な時間を割いてくれているのだから、当然の事

 

 

今回は、全て偶然ですが、素敵な誕生日を演出出来た事は、よかったと思います

 

 

偶然の出会いから繋がった縁

 

 

まだ見ぬこれから会う人達も、感謝の気持ちを持って接して行きたいなあと思った今回のツーリングでした

 

 

 

長くなりましたが、読んで頂きありがとうございました

 

 

#伊豆

 

#伊東マリンタウン

 

#ばんばん食堂

 

#河津桜

 

#細野高原

 

#2020年伊豆ツー

 

#ツーリングの伝道師

 

新年1発目のたい焼きロッキー

 

今日は、年明けて、初のたい焼きロッキーに行ってみることに


去年から暖冬と言われつつも、やはり、凍結は、怖いもので、路面を気にしつつ行くことを決断

 

今回は…というか、今回も、ヨシさんを誘います笑

 

 

待ち合わせをして、道志へと向かうことに

 

まったり道志を走り、お店に着くと、見慣れた珍しいエスカルゴがくっついたアメリカン…

 


フォロワーのGENKIくんがいた

 


まさかの再会に驚きつつ、今回は、バナナカスタード×2と茶んこを頼み、飲み物は、珈琲に

 


GENKIくんとは、久しぶりに会って、色々と話し込む

 


そして、ヨシさんとGENKIくんは、あっという間に打ち解け、話が盛り上がっていた

 


そんな2人を、横目に、ミラーを外す俺

 

 

がやりたい事が、うまく行かず、断念笑

 


女将に、持ってきてもらった、たい焼きを火を囲みながら、頂く

 


f:id:zekkei-d:20200111222142j:image

 


三連休の初日とあって、激混みを予想していたが、今日は、程よい人の数で、とてもまったりな雰囲気で、2020年初のたい焼きを味わう

 

 

f:id:zekkei-d:20200111222155j:image

 

 


ヨシさんは、相変わらずのトーク

 


負けじと喋るGENKIくんを遠目に見つつ、繋がるバイク乗りの輪に、縁っていいなぁと、溢れ出るバナナカスタードに舌鼓を打つ

 

 

いろんな形のバイクがあり、いろんなバイク乗りがいる

 

 

どこでどう出会うかはわからない

 

 

出会っても、それが、長く続くかはわからない

 

 

ただ、そこで出会えた縁は、とても大切なものだし、新しい発見がきっとあると思う

 

 

2020年、今年は、メモリアルな年になった

 

 

今年の暮れには、そう思える1年にしたいと、今日はふと思った

 


どんな出会いが待ち受けるかは分からないけど、自ら進んで行動し、新たな出会いがある事を期待しつつ今回は、終わりにしようと思います

 

 

2020年も、よろしくお願いします

 


それでは、また、ツーリングに行ったら書きますね

 

 

読んで頂きありがとうございました

 


#たい焼きロッキー

 

 

#ツーリングの伝道師

 

2019年の締めくくり

さて、残すところ今年も、あと少しってとこかな

 

読んでおられる方は、今年を振り返って、どんな2019年だったのかな?


2019年最後の日に、行列の出来るたい焼き屋さんで、お馴染みのたい焼きロッキーさんに、久々に行ってきました


思えば、今年は、WKRCがあり、そこからのお付き合い

 

終焉を迎えたストーリーから、新しく始まるストーリー

 

思えば、下半期は、様々な形で、ロッキーさん達に関わってきましたね

 

オープン初期から携われて、色々と変化していくのをSNSで見ながら、ファンとして、密かな楽しみに変わっていくのは、俺の小さな喜びとなって行きました

 

多才な技術を持つ器用なロッキーさん夫婦

 


そんなロッキーさん達に、2019年最後の日に会いに行ってきました

 


と、実は、前日にここまで、書いていた

 


でも、ここから先を書こうとすると、どうしても、嫌な予感がしてきたんです

 

 

それは、バイク乗りなら、絶対嫌なこと

 


なので、それが本当に起こるのかどうかを確かめるために、敢えて、途中までにしておいた今回のツーレポ

 


書き進めて行きましょう

 


今回は、行列の出来るたい焼きさんことたい焼きロッキーに3度目の正直の挑戦笑

 

 

最近は、中々タイミングが合わなくて、行けていなかった

 

 

今日は、天気がいいということもあり、たい焼きロッキー大好きな、ちうさんを連れて、行くことに

 

 

厚木から、宮ヶ瀬を経由して、青野原へ抜けようかと企てるも、ショートカットの道は、全面通行止めの為迂回する事に

 


412に迂回し、そこから、道志道へと入る

 

 

季節柄、路面は、気になる

 

 

なので、慎重に、特に日陰を慎重に走る

 


でもね、段々ね暑くなってきたの😱

 


普通に考えて12月の31日なんて、寒いのが当たり前の中、日差しを受けると、物凄く暑い😵

 

 

何とも言えない季節感に戸惑いながら、無事ロッキーさんのとこに到着

 


天気はこれ以上ない快晴

 


f:id:zekkei-d:20191231224731j:image

 


開店から30分後だったが、お店の周りは結構な人が集まっていた

 

 

そんな中、今回選んだたい焼きは、茶んこと、大好きなバナナカスタード😘

 


注文した後、ブツを購入

 


f:id:zekkei-d:20191231224748j:image

 


それは、たい焼きロッキーのマスコットキャラ達の卓上カレンダー

 

 

f:id:zekkei-d:20191231231714j:image

 


たまに足が生えるだるまん笑

 

 


ブツを受け取り、奥の飲食スペースへ

 

 

と思ったが、前とガラリと変わっていた

 


何やら、来年は、また新たな形となりそうな、その場所に腰掛ける

 


途中、ホッカイロをもらったり、カントリーマアムをもらったりしながら話していると

 


運ばれてくるたい焼きと飲み物

 

 

f:id:zekkei-d:20191231224920j:image

 


今回はブルーベリーはちみつにしてみました

 


冷たいのかと思いきやホットだった笑

 


久しぶりに食う茶んこは、とても美味かった

 

 

 

一通り食うと、ちうさんのフォロワーさんが、道の駅にいてこちらに、来てくれるとのことで、待っていると現れたフォロワーさん

 


そこで、軽く話をして盛り上がる

 


俺は、面識がなかったけど、話していると意外な共通点に驚きつつも、会話をしていると、ふと入ってきたアメリカン

 


Σ( ̄Д ̄ )

 

 

あの物凄いレアなシルバーのアメリカン、緑色のドリンクホルダーをつけたアレ………間違いない

 


俺の企画のツーリングによく参戦しているヨシさんでは、あーりませんか[壁]ロ゚)ハッ

 


まさかの登場に、びっくりしつつも、前回の日記で書いたぶりの再会

 


驚きつつも再会を懐かしむ

 


ヨシさんとは、割と1年の中で何やかんや会いますが、たい焼きロッキーでのツーショットは、レア中のレア

 

 

その珍事に女将が、何だか盛り上がってたな笑

 


ヨシさんが、たい焼き食べ終わると、オギノパンに行く事に

 


ちうさんのフォロワーさんと、ヨシさんも、参加表明し、4人で、オギノパンを目指す

 

 

ちうさんは、初のマスツー

 

 

貴重な経験ですね

 

 

道中は、後ろから、抜かれることもなく、無事オギノパンに到着

 


あげぱんをいきなり食わず、奥の鉄棒で、軽く懸垂をするおっさん達笑

 

 

そして、外のテラス席で、あげぱんを食べながら、話が弾むバイク乗り達

 


ちうさんにとっては、先輩達の体験談はきっと新鮮に感じたんじゃないかな?

 


話が盛り上がるのを見ていると、人と人との繋がりが出来る瞬間は、何度見ても、いいもんだなと感じました

 


たまたま、居合わせた事により実現した組み合わせ

 


予想外でしたが、それがまた尚よかったのかもしれないな

 

 

2019年は、あと少しで終わります

 


色々とあったけど、来年は、次のステージに行きたいところ

 

 

いるかは、わからないけど、ぼちぼち企画をして、みんなで、走って楽しみたいってのが、当面の目標かな

 

今日は、たい焼きロッキーというお店に行ったからこそ、実現した出会い

 


来年も、いい出会いに恵まれると嬉しいな

 

たい焼きロッキーの更なる発展を願いつつ

 

今回のツーレポは、終わりにしたいと思います

 

ちなみに、前日の嫌な予感は、転倒だったんですが、結局それもなく、無事帰ってこれました

 

結果オーライだけど、無事で、とてもいい大晦日を過ごせたのはよかったです

 

今年お世話になったみなさん、また来年も、よろしくお願いします

 

 

読んで頂き、ありがとうございました

 

 

#たい焼きロッキー

 

#ツーリングの伝道師

 

 

WKRC カフェスタンプラリー 最終章

 本編に入る前に、最終章にして、ブログの100作品目になった偶然に感謝の気持ちがこみ上げます

 

 

それでは、書いていきます

 

 

さて、ついこの時が、来ました

 


始まりがあれば終わりが来る

 

 

WKRCという名のカフェを舞台にした、スタンプラリーを今まで書いてきましたが、今回で、エンディングを迎えます

 


神奈川エリアを制覇した前回

 

今回は、行けてなかったビータスカフェと、スタンプカード押す事が出来なかったエイスケカフェに行く事に

 

 

なお、この章にて、明かしますが、5月の25日にて、シャドウちゃんは、車検が切れて、走行することは出来なくなりました

 

 

俺に近い人には、言ってるのですが笑

 

 

いろんな人から、言われる俺の代名詞でもある分身のshadowちゃん

 

 

初めてのバイクで、見た瞬間に一目惚れしたバイク

 


そのアメリカンを駆り、日本中を旅し、共に、絶景を駆け抜けてきた愛車

 

 

いろんな人に、乗り続けて欲しいと言われるのは、そのイメージが定着していたから

 

 

ただ、バイクってのは、乗って楽しむだけのものでもなく、乗ったら乗った分だけ、色んなとこにガタが出てくるのは、人も機械も同じ

 


shadowちゃんに、ずっと無茶させてきた

 

 

距離も走り、直すところはかなりあった

 


それもあり、車体は、一応保管しつつ、手元に置いておく事にしました

 

 

なので、今回は、もう一台持っているスクーターで、スタンプラリーという名の旅に、ピリオドを打つことに

 

 

 

12章で、ヨシさんと集合したファミマに再び集結

 

 


そして、ここから、今回は、スクーター二台体制で、行くことに

 


今回も、先導は、ヨシさんに丸投げ笑

 


前回(http://zekkei-tabirepo.hatenablog.com/entry/2019/12/29/222643)の反省を踏まえて、今回は事前に、3車線の左端を走行する事に

 


有料道路は、無事回避

 


一般道を進む

 

 

今回は、小排気量同士という事もアリ、まったり、なおかつ、2台とも静かなので、インカムの声がさらにクリアに聞こえる

 

テンションが上がるヨシさんを激写

 


f:id:zekkei-d:20191231021214j:image

 


川沿いのいい道を、天気の良さもあって、快適に走っていたんですがね

 

 


ここで、一つ問題が……

 

 


それは、川を渡れない問題…

 


前回は、橋を渡れたが、進入禁止

 


今回は、通行上何の問題もないが、千葉じゃなくて、ぐるっと回って都内に向かっている……

 

多分地図上だと左に行けば、橋があったっぽいですね笑

 


f:id:zekkei-d:20191231015504j:image

 

 


今回は、ちゃんと、目的地へと着くのだろうか……

 

 

毎度の事ながら、ヨシさんと走るときは、何かが起こる、それは、楽しい事なんですけどね笑

 


何とか都内を脱出し、千葉へと入る

 


相変わらずの千葉の湾岸沿いは、混んでいた

 


そんな、千葉の道を、インカムで楽しく話しながら、この日の1発目の目的地

 

 

ビータスカフェに到着

 


f:id:zekkei-d:20191231010331j:image

 

 

ここは、まあ、以前にも、来てるんですがね笑

 

 

ちなみに、ビータスカフェは、隣が、バイク屋さんを、やってるってこともあり、バイク乗り的には、かなりありがたい組み合わせなんじゃないかな?

 


中に入ると、店内は広々

 


そんな、ビータスカフェで、おススメを見てみると何やらチャーシュー丼らしく

 

そこで、ヨシさんと2人で、チャーシュー丼を頼んでみる

 

 

f:id:zekkei-d:20191231010349j:image

 


中々に美味いチャーシュー丼😋

 


あっという間に平らげ、お金を払い、店を出ようとする時にね

 


一応、WKRCの千葉カードは、あるかと尋ねてみたんですよ

 


そうするとね、それは、もう今思えば、エイスケカフェ持ってった方が良かったんじゃね?ってぐらい余ってたのよ、すごい束でね笑

 


やはり、これは、お姉さんの人気との差なのか?笑

 


ちなみに、ここから、最後の目的地、エイスケカフェを目指すのですが

 


同じ千葉エリアなのに、割と遠い2つの店

 


千葉県自体の大きさを物語りますね

 

 

確か、この時、営業時間が割と際どかったような気がする

 

 

そんな中、ヨシさんと、エイスケカフェを目指しスタート

 

 


走れども走れども、その長閑な、田園が、目を癒やしてくる

 

 


よく晴れたいい天気、そして、少し暑かったかな?

 

 

バイクで、走るには、最高の環境のはず

 

 


だった……

 

 

ただね、そこで、そのステキなツーリングに水を差す体の反応

 

 

何故か、鼻水が止まらなくなったんですね

 


今改めて思えば、それは、きっと、アレルギー的な何かだったのかもしれない

 

 

体調が悪くなりながら、背に腹はかえられないってことで、ドラッグストアがあったので、鼻水止めを買って試してみたんですよ

 

ふと、隣を見ると、ヨシさんが、その余りに、強過ぎる紫外線から身を守るため、念入りに日焼け止めを塗っていた

 

鼻水が無意識に出て、それを止めたい昭和の子供のようなおっさんと、肌を日焼けから止めたい美肌意識満載の女子力の高い2人のおっさんのWKRC

 

最後の店にして、最後を締めくくるゴールへのその道筋は、ただただ、険しくなっていた(俺だけ)

 

 


鼻水が出てくるのを拭うのは、ジェット(ヘルメット)で、良かったなと思いつつ、やはり、止まらない鼻水

 


そこで、次は、コンビニにある、メントール系の飴とかで、和らげようと、コンビニでコイツを買う

 


f:id:zekkei-d:20191231005207j:image

 


なんかもう名前的に、惹かれた笑

 

 


爽王を買いコンビニで、休憩する

 

 

そこで、爽王を、食べてみる

 

 

 

 

 

 

 

 


(゚Д゚;)

 

 


Σ( ̄Д ̄ )

 

 

 

( *`艸´)

 

 

 

[壁]ロ゚)ハッ

 

 

 


何とね、この時、確か1発で、鼻水止まったんだよな

 


驚きを隠せないまま、ただただ感動しつつ、呼吸が、スムーズになったことにより、走りにも、それは反映する

 

 

少し、山に入り、ワインディングを走っていた時のこと、前にスポーツカーが、走っていた

 


シャドウちゃんでは、キツかった登りも、軽量のスクーターなら、スイスイと登れる、今までの鬱憤?を晴らすかのように、テンション上がって、ヨシさんも、ブチ抜いてしまう笑

 

 

そして、いいテンションのまま、無事エイスケカフェに、到着

 

 

お久しぶりのエイスケカフェは、相変わらずオシャレで、やはりお姉さんは、とても素敵だった

 


お久しぶりのエイスケカフェで、前に来た時の話(http://zekkei-tabirepo.hatenablog.com/entry/2019/11/24/205317)をお姉さんと話しながら、今回は、アップルジュースをチョイス

 

 

 

そして、念願のWKRCの完全制覇の瞬間

 


f:id:zekkei-d:20191231005527j:image

 

 


何かを成し遂げるのは、簡単なことじゃないけど、終わってみるといつも、寂しさが込み上げてくるもの

 

確かこの時、マスターが、経済について、熱く語っていたのを覚えている


マスターが、あなたなら、どうする?と聞くとヨシさんが、それについて答える


そんなやり取りを、お姉さんをちら見しながら、見てると、お姉さん、挨拶して退勤(゚Д゚;)

 

行かないで〜😱

 

と思うも、お姉さんは、帰っていく

 

そして、続く、マスターの経済トーク

 


途中から、池上エイスケなんじゃねえとかと心で思いながら、止まらないトークをやんわり終わらせて、帰ることに笑

 


ここから、無事最後まで走り切り、WKRCの幕を閉じる

 


今思えば、ここから、下半期へと繋がる前置きだったのかもしれない

 

お店を、経営する事の難しさや、配慮を、お店の人から、直接聞いた

 

大洗の風の隠れ家のマスターが、言っていたが、オールディーズ60sのマスターは、お店をやる前から、近所の人達へ、ひたすら気配りをして配慮を心がけていたらしい


ただ、バイクも、全てが静かなわけではない


当然騒音問題も出てくる

 

だからこそ、お店の為にも、極力迷惑をかけないようにするのが、本当に大事だと感じた


この後も、きっと、色んなお店に、関わることになるでしょう


その中で、お店の人達が、気持ちよく営業出来る事が、俺の唯一出来る恩返し…って程大層なことではないかもしれないけど


この気持ちは、大事にして行きたい


つまらない理由の苦情で、利用者が、悲しむ結末だけは見たくないからね

 

居心地の良い空間には、是非とも長く続いて欲しいと思うのは、当然のことだと思う


長くなりましたが、コレで、WKRCのツーレポは、完全に終わり

 

後日、WKRCの完走証明を取りに、主催本部の浄蓮に行き、記念のバッジをもらうのですが、それが出来たばかりのバッジだった事は今でも覚えてる

 

https://twitter.com/zekkeitouring/status/1132227151330127872?s=21


一応、グランドフィナーレは、参加して来ました


https://twitter.com/zekkeitouring/status/1134733624601747464?s=21

 

https://twitter.com/zekkeitouring/status/1135024351500152833?s=21

 

これまでに、色んなスタンプラリーをやってますが、ルートは、人それぞれ


100人いれば、100通りのルートが出来上がる


旅の楽しみ方は、無限大

 

ルートを考えるのも是非楽しみの一つにして頂きたい


最後になりますが、このWKRCを発案してくれた、くらさんと浄蓮のスタッフさん達に、感謝の気持ちを込めて、このWKRC編は、終わりです


参加された皆さん、お疲れ様でした


そして、お邪魔した全てのカフェの方々、ありがとうございました😄

 

また行くとは、必ずしも言えませんが、また、行ける事を楽しみにしています

 

それでは、また、どこか行ったら、ツーレポを書きます


長い長い文章でしたが、読んで頂きありがとうございました😊


#縁

 

#感謝

 

#WKRC

 

#伝道師のWKRC

 

#ビータスカフェ

 

#エイスケカフェ

 

#caféjoren

 

#ツーリングの伝道師



WKRCカフェスタンプラリー14

 

前回

 

 

いよいよ神奈川ラス前まで、スタンプを取る

 

 

そして、今回は、いよいよ今回は残った神奈川エリアのラスト

 


厚木のリックスへと向かう

 


ちなみに、ここは、営業時間が分かれているので、行かれる方は、要チェックですね

 


前回ここ来て、閉まってたので(http://zekkei-tabirepo.hatenablog.com/entry/2018/09/17/005259

 

 

ここは、夜もやってるので、敢えて、夜をチョイス

 

 

ダイヤモンドヘッド以来の夜カフェ

 

 

お店に到着

 


f:id:zekkei-d:20191231001715j:image

 

 

中に入る

 

 

今回も、ブレずにカウンターに、座る

 


カウンターの中にいた若めの兄ちゃんのゆっくり喋る、その口調に負けないぐらいええ声で会話する俺

 


毎度のことながらオススメを聞いて、注文

 


そして、まず、コレ

 


f:id:zekkei-d:20191228014638j:image

 

 

お馴染みジンジャーエール

 


そして、オススメの豚バラのオーブン焼き

 


f:id:zekkei-d:20191228014703j:image

 


いい焼き加減で、柔らかくて美味しかった

 

そんな、美味い料理を食いながら、若めの兄ちゃんと、WKRCトークからのバイクトーク

 

ちなみに、リックスのオーナーは、夫婦で、ハーレーに乗られてるんですが、この彼も、アメリカンいいなあと語っていたが、他のジャンルも気になると言っていたね

 

若めの兄ちゃんは、バイクが欲しいらしく、色々と気になってるバイクがあると話してくれた

 

それに対して、それぞれの長所短所を説明し、色々と説明をしてあげた

 


興味が尽きないのか、ひたすら聞いてくる彼の話に答えていると、乾いてくる喉を潤す為に、おかわりのカムカムパインを注文


f:id:zekkei-d:20191228014724j:image

 

飲みやすくて、美味しかった

 


ここは、夜も営業していることもあり、お酒が棚にたくさん並んであった

 

バイクでは、来れないけど、フラッと飲みにくるのも、たまには、いいのかもしれないね

 

これにて、神奈川エリアを制覇し、いよいよ次回は、最終章

 


長かった、WKRC編も終わりを迎える

 

 

どんな結末が待ち受けるのか

 


次も長くなると思いますが、よかったら読んで頂けると嬉しいです

 


WKRCのイベントは、終了してますが、お店自体は、営業しているので、ツーリングの際の参考にでもして頂くと、幸いです

 

#LICKS

 

#WKRC

 

#伝道師のWKRC

 

#ツーリングの伝道師

WKRC カフェスタンプラリー 13

さて、終わりが近づいてきましたね

 

それでは、書いていきましょう

 

前章で、千葉を駆け抜けて、残すところは、あと5つ

 

神奈川エリアが3つ

 

千葉エリアが2つ

 

 

今回は、神奈川エリアを取りに行きます

 

 

残っているのは、二宮のcado cafe

 

茅ヶ崎のcafe cure

 

厚木のricks

 

厚木は近いので、いつでも行けるので、他の2つを狙う事に

 

 

 

ちなみに、この日は、俺にしては、雲行きが怪しかった

 

 

 

まずは、茅ヶ崎を目指すんですが、最初、少し雨降ってたんですよ

 

 

 

ただね

 

 

 

シャドウちゃん乗って走っていると、雲の中から、顔を出す太陽

 

 

 

やはり、shadowというバイクの不思議さに、改めて、気付いた瞬間でもあった

 

 

 

そして、にやにやしながら、到着

 

 

f:id:zekkei-d:20191230235222j:image

 

 

 

この日の1店舗目は、Cafe Cure

 

 

 

 

 

入る前に、軽く紹介しとくと、ここCafe Cureさんは、火曜日と、日曜日は、メンフクロウのラテさんがいます

 

 

 

俺は知らずに行ったのですが、入った瞬間、目を奪われました

 

 

 

 

WKRCの中でも、唯一動物がいるカフェのような気が…

 

 

 

 

 

中に入り、席に案内してもらい、Cafe Cureのマスターと、しばし談笑

 

 

 

意外と、中身ワイルドなマスターから、2輪から4輪まで、色んな話を聞かせてもらう

 

 

 

毎度メニュー悩むので、オススメ聞いて、カプチーノを頂く

 

 

f:id:zekkei-d:20191230235325j:image

 

 

 

酸味が効いてて、美味かった

 

 

 

火曜日だと、猫もいるみたいね

 

 

 

店内にいた、女将さんともしゃべり、ラテちゃんの撮影の許可をもらったので

 

 

 

ラテちゃんを撮影

 

 

f:id:zekkei-d:20191230235510j:image

 

 

した後、ラテちゃんとの写真を撮ってもらう

 

 

 

f:id:zekkei-d:20191230234954j:image

 

 

 

手を近づけると小刻みに震えて、さらなる可愛さが溢れ出します

 

 

 

 

居心地抜群のCafe Cureを後にし、次なる目的地をCado Cafeに設定

 

 

 

場所が二宮という事もあり、ここを取って、神奈川エリアを終わらせて行く事に

 

 

 

平塚を過ぎ、国道1号をひた走り、お店に到着

 

 

 

f:id:zekkei-d:20191230235040j:image

 

 

 

 

入り口のドアを見ると何やら、張り紙が

 

 

 

 f:id:zekkei-d:20191230235016j:image

 

 

 

なるほど、きっと、グランドフィナーレに、こっそり参加する気なんだなと、認識

 

 

 

そして、お店に入る

 

 

 

 

店内は、清潔感溢れる、内装

 

 

 

 

基本的に、WKRCの時は、カウンター席をチョイス

 

 

 

そして、ここでは、ふと気になったので、ダブルキャラメルワッフルとグレープフルーツジュースを注文

 

 

f:id:zekkei-d:20191230235707j:image

 

 

マスターの感じ、コレは、しゃべらねぇ系の人じゃと、察していたんですよ

 

 

 

 

ただ、ここで、おいどん、マスターにふと、話しかける

 

 

 

6月1日は、浄蓮行くんですか?   と

 

 

 

でも、実際は、違ったらしい笑

 

 

 

そこから、色々と話は、弾み、実は、お茶目なのかもしれないマスターとひとときの会話を楽しむ

 

 

 

あまりの楽しいおしゃべりに、長居してしまうのは、俺の悪いところ笑

 

 

 

 

あと少しで終わると思うと、帰りの雨すらも、思い出に変わる、そんな今回のWKRCとなりました

 

 

 

 

WKRCも残すところ、あと2回ってところかな?

 

 

 

今は、WKRCのイベント自体は、やっていませんが、ツーリングを楽しむ上での参考になれば、書き手として、嬉しいです

 

 

 

今回は、こんな感じかな

 

 

なお、WKRCのイベントは、既に、終了しております

この、レポートが、読んだあなたの出かけるきっかけになれば、幸いです

 

 

読んで頂きありがとうございました

 

 

#CafeCure

 

#cadocafe

 

#伝道師のWKRC

 

#ツーリングの伝道師

 

 

WKRC カフェスタンプラリー 12の弐

 

前回

 

 

美味しいピザに舌鼓を打ったピザインディーズで、優雅なひとときを過ごし

 

 

 

次の目的地を目指すことに

 

 

 

次なる目的地は、Bluto’s Cafe

 

 

 

 

大きい房総半島の中でも、南に位置する、南房総市にあるカフェ

 

 

 

 

ピザインディーズからは、近く海を見ながら、到着

 

 

f:id:zekkei-d:20191230231516j:image

 

 

ホテルなのかな?

 

 

 

ハンモックや、ブランコもあった

 

 

 

 

一通り、堪能して笑

 

 

 

お店に入る

 

 

 

メニューを見て、やっぱマダムは気まぐれだよなあ〜とにやにや

 

 

 

 f:id:zekkei-d:20191221234635j:image

 

 

 

ベイクドチーズケーキとアップルジュースを頂く

 

 

 

 https://twitter.com/zekkeitouring/status/1127817162066759685?s=21

 

 

 

何とも言えない独特の雰囲気を持つBluto’s Cafeを後にする

 

 

 

次なる目的地は、喫茶岬

 

 

 

距離的には、程よい距離

 

 

 

 

 

内房の海に癒やされ

 

 

 

 

ふと、走っている時に思い出したんですよ

 

 

 

あるスポットを

 

 

 

それはね

 

 

 

原岡海岸ってとこにある岡本桟橋

 

 

 

 

少し前にインスタなんかで流行ってたのを思い出し、ヨシさんに、行くかを聞いてみる

 

 

 

 

ヨシさん行くことを決め

 

 

 

無事到着

 

 

 

 

f:id:zekkei-d:20191221233759j:image

 

 

 

見渡す限りのビーチ

 

 

 

そして、お目当ての桟橋が遠くに見える

 

 

 

砂浜にバイクを止め

 

 

 

桟橋へ

 

 

 

 

 

いや〜

 

 

 

 

映えますね

 

 

 

f:id:zekkei-d:20191221233831j:image

 

 

 

日中は、こんな感じですが、夜は、明かりが点くのかな?

 

 

 

日が落ちても尚、楽しめそうですね

 

 

 

素敵な景色を楽しみ

 

 

 

バイクに戻ると、軽く埋まっていた愛車

 

 

 

わかりやすくお茶置こう笑

 

 

 

f:id:zekkei-d:20191221233906j:image

 

 

 

いい埋没っぷり笑

 

 

 

そして、ふと閃く

 

 

 

ダート遊びを( *`艸´)

 

 

 

柔らかい砂浜でね

 

 

 

アクセル開けるわけよ

 

 

 

そうするとね( *`艸´)

 

 

 

 

ケツが滑る( *`艸´)

 

 

 

 

んでね、そのままGOー

 

 

 

 

 

はっΣ( ̄Д ̄ )

 

 

 

シャドウちゃん、おめえさ、オフ車みたいな動きばしちょるでねえか(*´∀`*)

 

 

 

いやあ楽しい、コレはいいわ

 

 

 

アメリカン、ダート行けるのを確認して、次なる目的地へ

 

 

 

次は、喫茶岬です

 

 

 

ここは、実は、知ってました

 

 

 

中に入った事はないんですがね

 

 

 

千葉ツーの帰りなんかに、通る道沿いだったので

 

 

 

ただ、ここは、入り口が慣れてないと難しいので、行かれる方は、速度を落として行くのが無難かもしれませんね

 

 

 

 

 

お店の駐車場へ到着

 

 

 

f:id:zekkei-d:20191221234034j:image

 

 

 

 

バイクを止めて、お店に向かう

 

 

 

 

お店の前は、素敵な景色が見え

 

 

 

 f:id:zekkei-d:20191230231238j:image

 

 

 

中へと入る

 

 

 

 

 

中に入ると、様々な、有名人の写真が置かれていた

 

 

 

 

断崖の上にあるお店

 

 

 

下を見れば、海までは、結構な高さだった

 

 

 

 

ここでは、バナナジュースを注文

 

 

f:id:zekkei-d:20191221235529j:image

 

 

陽の光を見ながら、まったり

 

 

 

喫茶岬の閉店時間は、日没までという、沈みゆく夕日のその移り変わりを楽しめる店員さんの素晴らしい心遣い

 

 

 

 

そんな居心地がいい喫茶岬を後にし、帰路に就く

 

 

 

 

最後は、雨に当たりましたが、無事帰宅

 

 

 

 

前章と合わせて、2日で1000キロオーバーでした

 

 

 

ラストまであと少し

 

 

WKRC自体は、イベントとしては、終わってますが、このレポートを見た方の出かけるきっかけになれば幸いです

 

 

 

長くなりましたが、読んで頂き、ありがとうございました

 

 

#WKRC

 

#伝道師のWKRC

 

#ブルートズカフェ

 

#原岡海岸

 

#喫茶岬

 

#ツーリングの伝道師