伝道師のツーレポ

バイク乗りです。ツーリング行ったら、ツーレポを書いていきます

WKRC カフェスタンプラリー その3

初めましての方、お馴染みの方

 

 

どうも、敢えて、こんにちは

 

 

 

WKRCの日記も、早、3作目

 

 

 

今回もまた、楽しいひと時を、日記に認(したた)めて行こうかなと思います

 

 

 

f:id:zekkei-d:20180902020642j:image

 

 

 

WKRCには、色んなスタイルがあると思います  

 

【WKRCがわからない方はここを参考に(http://zekkei-tabirepo.hatenablog.com/entry/2018/08/15/220540)】

 

 

まとめて、ごっそり行く人もいれば

 

 

1日1店舗縛りなんてのもあるでしょう

 

 

 

WKRCの店舗の中には、深夜12時を回っても、店が開いてるという所もあります

 

 

 

 

地方だと、夜は、真っ暗になってしまい、景色は、楽しめなくなることもありますが

 

 

 

 

首都東京は、夜は、光りが瞬き、明るい時間とはまた別の顔を見せてくれます

 

 

 

日中だと、道路は混んで辛いですが

 

 

 

 

夜は、涼しく、道も空いていて、新しい発見もあります

 

 

 

今回は、WKRCの楽しみ方のディープ版

 

 

 

夜縛りで、やってみようと思います

 

 

 

普段味わえない夜の楽しみ

 

 

 

 

今回は、土曜の夜にしようと思っていたんですがね

 

 

f:id:zekkei-d:20180826201743p:image

 

 

 

天気があまりよろしくないとわかり、8月24日に変更

 

 

 

そして、当日の8月24日

 

 

体にある、疲労感と言う名の不安要素を、少しでも紛らわすため、マッサージしてもらい準備万端で、WKRCに挑む

 

 

 

 

まず、向かうべきは、Cafe  Superracer

 

 

 

ここは、かつて、昔行ったことがある

 

 

 

 

少し、昔、エバグリと呼ばれるスポットがまだあった頃、そこは、バイク乗りのたまり場になっていた

 

 

 

昔、そこから、バイク仲間と、夜遅くに、一度来たことがあった

 

 

 

それ以来の久々の来店

 

 

f:id:zekkei-d:20180902015600j:image

 

 

 

 

店員のお姉さんに、毎度の事ながら、オススメを聞く

 

 

 

 

お姉さんが、言うには、オススメは

 

 

 

ローストポークらしい

 

 

 

 

それを聞き、早速、ローストポークをお願いした

 

 

 

 

なんやかんや、スタンプを集めて行く喜びは、バイクを走らせるには、十分すぎる理由だった

 

f:id:zekkei-d:20180902013442j:image

 

 

 

今のところ、料理が来るまでのWKRC史上最大の焦らしプレイを

 

 

 

目の前にいる、スクランブラーを見たりして、待っていた

 

 

f:id:zekkei-d:20180901234731j:image

 

 

まさに、ライダーズカフェと言える内装

 

 

コンクリート打ちっ放しの無骨な感じは、何ともワイルドな空間を演出してくれます

 

 

 

バイク乗りには、素敵に感じる空間

 

 

 

素敵に、まったりしていると、運ばれて来る料理

 

 

 

f:id:zekkei-d:20180901234640j:image

 

 

 

ローストされたポークは、柔らかくそれでいて、肉厚で、疲れた俺の体には、染み入るように、食が進む

 

 

 

ライダーズカフェに、肉が多いのは、わかりやすく体が求めるからなのか?

 

 

 

美味しい料理に、舌鼓を打ちつつ、Cafe  Superracerを後にする

 

 

 

f:id:zekkei-d:20180902013716j:image

 

 

 

次に向かうべき、場所は

 

 

 

 

 

カフェ ダイヤモンドヘッド

 

 

 

深夜3時までやってるのは、WKRCの中では、他にない

 

 

 

夜バイに特化した、比類なきライダーズカフェ

 

 

 

 

WKRCの第一回(http://zekkei-tabirepo.hatenablog.com/entry/2018/08/15/220540)で書いた、グリーンピットからは、物凄く近い所にあるらしい

 

 

 

 

 

目的地をセットし、いざ出発

 

 

 

 

都内の道は、中々に難しいのは、わかっていたけど

 

 

 

グーグル大先生は、割と攻めるルートチョイスをしてくるため、曲がるタイミングを何度も間違える

 

 

 

 

そして、横に、後ろに、現れるタクシー

 

 

 

奴らは、その仕事で培った土地勘を、惜しみなく発揮し、猛然と、近づいてくる

 

 

 

慌てることはないのだけど、知らない道は、慎重にならざるを得ない

 

 

 

 

危険予測は言うに及ばず、先の先を読み

 

 

 

起こりうるすべての事を、想定しながら、走らなければならない

 

 

 

視界が悪くなる夜は、それを顕著に感じさせる

 

 

 

その道路独特のクセは、初めて走る人間には、容易に、足元をすくう危険性を持っている

 

 

 

人が多い都会ならではの、交通事情もある

 

 

 

 

無知であるが故に、ナビの声を鵜呑みにした結果、タクシーが、盛り沢山で、詰まり、曲がれない道に出くわす

 

 

 

 

思えば、『花金』、タクシーは、忙しい時間帯

 

 

 

変わりゆく信号をただ、見守るしかない歯がゆさを感じつつ、無常にも信号は、4度5度と、赤青を繰り返す

 

 

 

交差点付近に止まるアルファードは、アメリカンのすり抜けを防ぐには、十分すぎる横幅

 

 

 

ハザードをやめ、少し空いたその隙間から、すり抜けを駆使し、脱出

 

 

 

 

 

ナビ通りなので、詳しくはわからんが、神宮球場脇を走り抜け、千駄ヶ谷駅を越えたあたりで、信号に捕まったときに前にいた

 

 

 

 

確か、黒いゴルフ

 

 

 

 

 

信号が変わると、気持ちいいスピードで、走り出す

 

 

 

 

知らない道を前に、前を走る車が、テンポがいいと、自然とこちらの気分も乗ってくる

 

 

 

前の車も、ナビが同じなのか、曲がるポイントが、被る

 

 

 

 

見知らぬ土地を走る怖さが、楽しむ走りへと変わったとき

 

 

 

 

 

道路は、新たな局面へと、変わろうとしていた

 

 

 

 

 

道路は、20号、甲州街道に入ったときだった

 

 

 

 

アンダーパスを越え、快適に、走っていた時だった

 

 

 

 

突如として、詰まり始める三車線ある道

 

 

 

 

多い車線に対し、詰まって行く車間

 

 

 

 

 

緑の看板が見えたが、それが、高速に乗る渋滞なのか、それとも事故なのか、わからなく、微妙な隙間故に、敢えて、すり抜けはしない

 

 

 

 

進んでわかったけど、渋滞の原因は、道路工事だった

 

 

 

知らない道を通ると、予想外に神経使って疲れる

 

 

 

都内の道はまだまだ修行が必要かな

 

 

 

思ったより、だいぶ時間がかかり、お店へと到着

 

 

f:id:zekkei-d:20180902013904j:image

 

 

 

 

 

 

お店に着くと、マスターがドアを開けてお出迎え

 

 

 

マスターに、招き入れられ、店内に入る

 

 

 

 

店内は、マスターの素敵なセレクトの内装

 

 

 

 

 

カウンターの方が、涼しいと、カウンターを勧めてくれる、溢れる優しさのマスター

 

 

 

 

 

第一印象としては、カフェと言うより、大人の秘密基地って感じのイメージかな

 

 

 

f:id:zekkei-d:20180902014003j:image

 

 

落ち着くという表現よりは、眩しいって言葉の方が合うのかもしれないけど

 

 

 

 

 

 

 

個人的には、居心地のいい空間

 

 

 

 

 

 

 

カウンターに座り、メニューを見ながら、何を頼もうかと考える

 

 

 

 

 

 

 

 

ローストポークはまだ、消化しきれてないので、軽めの物にしようと

 

 

 

 

 

 マスターに相談

 

 

 

 

 

 

相談の結果、タコスにすることに

 

 

 

 

 

 

飲み物は、オススメを聞いたところ

 

 

 

 

 

『自家製ジンジャーエール

 

 

 

 

 

 

とのことで、これを頂く

 

 

 

f:id:zekkei-d:20180902014055j:image

 

 

 

グーグルの情報で、マスターが博識なのは、知っていたが

 

 

 

 

 

 

そこに、饒舌(じょうぜつ)も付け加えといてほしいもんだわ

 

 

 

 

 

マスターの引き出しの多さに

 

 

 

 

 

WKRCの恒例の儀式を忘れて、食べてしまうほどの巧みな話術

 

 

 

 

f:id:zekkei-d:20180902014143j:image

 

 

 

 

 

 店のステッカーも頂く

 

 

 

 

f:id:zekkei-d:20180902014258j:image

 

 

 

 

これは、メニューだけど、ノンアルコールカクテルもいっぱいある

 

 

f:id:zekkei-d:20180902014649j:image

 

 

すいてる時は、特別メニューもあるみたい

 

 

 

ここで、写真見ると、分かりますが、ガンダム関連の名前が

 

 

 

 

 

マスターはガンダムトークも、イケるクチ

 

 

 

 

 

写真見るとわかるが、2名以上で、来店すると、飲み放題プランってのが選べるらしい

 

 

f:id:zekkei-d:20180902024539j:image

 

 

 

 

 この時、1人で行ってたから、コレは、選べなかったけど

 

 

 

 

仲間とワイワイツーリングがてら行った時は、盛り上がりそうなプランですね

 

 

 

 

 

生姜が効いたジンジャーエールを飲みながら、話に花が咲く

 

 

 

 

大昔は、軽自動車免許なるものも、あったらしい

 

 

 

 

 

今は当たり前に乗れる普通車、昔は、様々な、免許事情があったみたいね

 

 

 

 

 

楽しいおしゃべりは、あっという間に、潤った喉を乾かしてしまう

 

 

 

 

おかわりは、クランベリージュース

 

 

 

 

f:id:zekkei-d:20180902014815j:image

 

 

 

 

飲みやすいその味は、飲み過ぎに注意しないと、あっという間になくなってしまいそうな程に美味い

 

 

 

 

 

ノンアルコールだけかと思ったら、がっつりアルコール入りもある

 

 

f:id:zekkei-d:20180902015113j:image

 

 

 

やはりガンダム推し

 

 

 

 

 

 過去これを全部制覇した女性がいるそうです

 

 

 

 

乗り物以外で、行く際は、チャレンジもありですね

 

 

 

 

 

ビグ・ザムは、凄い迫力らしいです笑

 

 

 

 

 

 

今回お邪魔した、カフェダイアモンドヘッド

 

 

 

 

 

AM3時までやっていて、素敵な時間を楽しめました

 

 

 

 

 

 

 WKRC第3弾は、夜縛り

 

 

 

 

 

 

明るい時間もいいけど、夜もステキなカフェ

 

 

煌びやかなネオンを見ながら、語りたい夜もある

 

 

 

 

今回も素敵なカフェと素敵な出会いに感謝して、今回の日記は終わりにします

 

 

 

 

 

長くなってしまって、すいません

 

 

 

 

お店の雰囲気、そして、WKRCの魅力が少しでも伝われば、書き手として幸いです

 

 

 

 

また、WKRCやったら、執筆します

 

 

 

 

気が向いたら、こちらでも、ツイッターでも、コメントなど頂けると、励みになります

 

 

 

読んで頂き、ありがとうございました

 

 

f:id:zekkei-d:20180901234223j:image

 

過去作品も置いておきます

 

お時間あったら、読んでみてください

 

WKRC  1  (http://zekkei-tabirepo.hatenablog.com/entry/2018/08/15/220540

 

WKRC  2   (http://zekkei-tabirepo.hatenablog.com/entry/2018/08/19/193556

 

 

 

 

#WKRC

 

#伝道師のWKRC

 

#CafeSuperracer

 

#NightCafeDiamondHead